投稿日:

電子消費者契約法で架空請求に対応できる

インターネットの商取引全般に適用される電子消費者契約法に関して解説しよう。
インターネットショッピングが普及するにつれて、消費者が端末の操作まちがいで購入することを防ぐ役割がある。

また売買契約がどの段階で成立したかをクリアにする目的を持っている。
ネットショッピングでの購入・契約が成立するのは、業者からの購入確認をするメールが消費者に届いた段階で契約が成立することが取り決められている。

消費者契約法が施行するまでは、端末操作ミスでのトラブルが絶えなかったのだ。
商品の注文個数の桁をまちがえたりがあった。
また購入したつもりがなくても購入になってしまっている事例もあった。

ユーザーの単純操作間違いによるトラブルもあるが、業者の説明が不完全でのトラブルも多かった。
こういったインターネットの商取引のトラブルを解消する目的があって、電子消費者契約法が必要になったのだ。

出逢い系サイトの契約もこの法律の適用内である。
サイト登録する前は明確に記述された利用規約があるかチェックすることが大事である。
よくあるのが、「完全無料」の出逢い系サイトと謳っていても、サイトを使う場合に課金されるような場合だ。

こういった場合には電子消費者契約法が適用されることになる。