投稿日:

セフレと恋人の線引き

カップル・キス

セックスをするからといって、すべての男女関係が“恋人”には該当しません。恋愛感情を伴わないセックスであれば、その関係は“セフレ”に該当します。

セフレと恋人の違いは、もう一点あります。それは私生活への干渉です。

恋人は、私生活に干渉します。連絡は頻繁に行われ、時には意味を持たないやり取りも発生します。さらに関係が深まれば同棲~婚姻へと進み、私生活の完全共有がはじまります。

しかしセフレは、私生活に干渉しません。連絡は最低限で、意味のあるもの(いつ会い、いつセックスをするか)に限られます。互いのセックスに飽きればそれまでで、関係は解消されます。

もちろん例外はあります。セフレを切っ掛けに恋愛がはじまり、恋人そして伴侶へと進展するケースです。

基本的に、双方が完全フリーの場合に起こり得ますが、ごく稀に不倫・浮気から発展します。この場合は様々な問題が表面化するため、あなたが本意でない場合は早々に関係を断ち切りましょう。

セックスと恋の両方を楽しみたいのであれば、はじめから恋人を探しましょう。一方的な欲求を満たすためにセフレを巻き込むのは、モラルに反する行為です。

セフレは生活圏外に置くこと

セフレをつくるのであれば、生活圏外に位置する人を選びましょう。日頃から付き合いのある人をセフレにすると、以下の問題が発生します。

関係の拗れが伝染する

あなたとその人が同じ付き合いのグループにあった場合、関係が拗れると非常に面倒なことになります。最終的には、どちらか一方が悪者にされ、グループから外されることになるでしょう。

また、その中に複数のグループに属する人がいれば、別のグループにも伝染します。当然ながら、新しい付き合いをはじめることは困難です。

周囲の正義感に振り回される

相手が妊娠した場合は、相応の責任を求められます。お金を渡し、処置をして終わりという訳にはいきません。

仮に、そうして当人たちが“終わったこと”としても、共通の友人・知人が正義感を振りかざし、首を突っ込んでくることもあります。

社会的な制裁を受けやすい

同じ職場で関係を持ち、且つあなたが上司に該当する場合は、セクハラ・モラハラの名目で訴えられることも考えられます。

円滑な関係だと思っていたのは自分だけで、実のところ相手は鬱憤を溜めていたと、いうケースは珍しくありません。

そうなった場合は当然、社会的な地位を失います。既婚であれば、家庭も失うことでしょう。

以上の問題点から、生活圏内でセフレをつくることは大変危険であるといえます。セフレをつくるのであれば、あなたと共通する友人・知人を持たない、生活圏外の人を選びましょう。
ちなみにこっそりつぶやくと、いまセフレが一番作りやすいのはハッピーメールです。あの知事も利用していたぐらいですから…。

投稿日:

「完全無料」の人気出会い系サイトもライン掲示板の時代が到来

ラインを使っている人ならばライン掲示板をご存知だろう。
ライン掲示板が宣伝広告を出すメインは女性をターゲットとした情報誌だ。
女性が増えれば男性は自然と集まる。

レディコミなどチェックして頻繁に見るサイトがあればそのライン掲示板を利用すると効果的だ。
安心して利用できるサイトは健全に収益を上げていることだ。
ようするに利用者からお金をぼったくるようなサイトは運営も厳しいのだ。

近頃では健全が売りだった「完全無料」の出逢い系サイトも運営が厳しいようで激減した。
だからお薦めはライン掲示板になるのだろう。

ラインで直接やりとりをするのではなく、掲示板BBSスタイルのサイトでこれまでの出逢い系サイトのような利用ができるイメージ。
近頃ではポイント制のライン掲示板も登場した。
けれども無料で利用できるところも多い。

無料のところは画面の下に宣伝広告を表示させる。
その収入で運営しているのだ。
登録者が多くて、スポンサーから高額な宣伝広告料を貰っているところは予算を宣伝広告に使える。

投稿日:

知識を小出しにすることで出逢いをゲット

出逢い系サイトでメル友を作る場合、やはり会話の内容がとても重要になると思います。

ですからメールでアプローチをする際に、共通の話題がある相手を探してメールを送るのではないでしょうか?
趣味や出身地が同じであれば、話す話題に困ることはありませんからね。

しかし人気出逢い系サイトを利用する人に中には、誰でもいいからとメールを送る人がいます。
そういった場合でも、相手の気持さえ掴めば返信をもらうこともできるでしょう。
ところがここで困るのが、どんな話をすれば良いかということです。

共通の話題が見つけられない相手であれば、まずは自分の趣味や興味のあることを話してみましょう。
いきなりディープな内容にならずに、誰でも分かる範囲の内容であれば大丈夫です。

この話題で女性が興味をいだいて、話に乗ってきてくれればこちらから教えることで話題が繋がりますし、趣味というところに注目してくれて、自分の趣味について教えてくれるかもしれません。

相手の趣味や興味のあることが判れば、次のメールの話題にできますからね。

例えば女性の趣味について、あなたが一生懸命話を聞けば女性はきっと嬉しいはずですし、女性もあなたの趣味について話を聞きたいと思うことでしょう。

このようにお互いの趣味で語り合うことができれば、メールを続けることは可能になります。
ここで注意点をあげますと、長文のメールにならないように気をつけることです。

ちょっとした興味で聞いただけなのに、いきなり深い話をされても相手は困ります。
男性の場合、ついつい自分の話に夢中になる傾向があるので、気をつけましょう。

自分が持っている知識は、小出しにすることでメールの回数を稼ぐこともできます。

投稿日:

出逢い系サイトはリアルで接することも

メル友とのやり取りをする場合、深く考えすぎてどのような内容のメールを送っていいか考えこむ人は多いでしょう。

しかし普段友だちと話すように、自分がどんな音楽を聞くのか、いつも見ているテレビ番組なにか、こんな趣味を楽しんでいるなんて、普段の生活中から話題を書いてみると良いと思います。

あなたの送るメールを読み、共感が持てる内容や興味がある内容があれば相手も、「私もそのテレビ番組大好き」「あのタレントさんって、おもしろいよね」と、反応があるはずです。

その反応をみて、メールの話題を決めていけばよいのではないでしょうか?
相手の好みがわからない間は、いろんな話題を提供するのがポイントです。

タレントの話題で盛り上がったのであれば、同じタレントの別の番組の話題を振ってみる。

同じジャンルの音楽が好きなら、自分の好きな曲を紹介するといった具合です。
相手と共通の趣味を持っているなら、内容で困ることはないと思います。

メールは人気出逢い系サイトの相手とのコミュニケーションですから、あまり深く考えていても関係は深まりません。

「今、この食べ物にハマっていて一度試してみて」「この前〇〇ってDVDを見て感動した」など、あなたが良いと感じたものを相手にオススメして話題を共有するのもいいでしょう。
そうすることで次のメールの話題にも繋がると思います。

お互いに好みを話しあい、仲良くなれば映画を見に行ったりスポーツ観戦に行ったりと、
リアルで接することもできるようになるのではないでしょうか?

投稿日:

はじめてのデートを成功させるまで

現実での男女が付き合い始めるまでの道のりも大変なものですが、出逢い系サイトでもネット上に付き合いだからと言って決して簡単に済むわけではないのです。

ネット越しだと相手について分からないことが多すぎるので、女性に信頼してもらうまでには余計に時間がかかることも覚悟しておきましょう。

まず、女性の数が圧倒的に好きな過ぎて出逢いの機会すらめぐってこないという厳しい現実に直面することになると思います。
人気出逢い系サイトでメールを通して仲良くなれたとしても、まだその先にハードルが残っているのです。

まず連絡先を交換する事、そしてデートの約束をすること、最後に対面したときに相手に気に入られるかどうかです。

ネット上ですでに打ち解けているので、あとは外見やファッションに気を使ってさえいれば大きな失敗は無いと思いますが、どうしても相手の気に入らなかった場合には、これまでせっかく二人で培ってきた時間が無駄になってしまっても諦めなければなりません。
良い雰囲気作りのためにはデートの場所選びも重要です。